前髪が短すぎて話題の三戸なつめ、中田ヤスタカプロデュースの2ndシングルが映画『ピクセル』日本語吹替版主題歌に決定!

前髪が短すぎて話題の三戸なつめ、中田ヤスタカプロデュースの2ndシングルが映画『ピクセル』日本語吹替版主題歌に決定!


前髪が短すぎて話題の三戸なつめ、中田ヤスタカプロデュースの2ndシングルが映画『ピクセル』日本語吹替版主題歌に決定!

『ピクセル』日本語吹替版主題歌に起用された三戸なつめ



先週末7月24日(土)に全米ほか世界57マーケットで公開され、各国で初登場No.1大ヒットとなったハリウッド映画『ピクセル』の日本語吹替版主題歌が中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュース、三戸なつめが歌うセカンドシングル「8ビットボーイ」に決定。



今回のコラボについて三戸なつめは、

「初めてのハリウッド作品とのコラボにビックリ!曲とエンディング映像がバッチリなので是非劇場まで遊びに来てください」とコメント。



映画『ピクセル』「日本語吹替版主題歌」に三戸なつめを起用した理由について、

「80年代のゲームキャラ(懐かしい)が世界をピコピコ崩壊させる(斬新)」このコンセプトを、日本語吹替版主題歌でどう表現するか?

悩んでいた折に、懐かしい駄菓子「キャベツ太郎」が好きすぎて歌にしてしまったアーティスト「三戸なつめ」を知り、この人しかいない!っと今回の起用に至ったと、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが語っている。



三戸なつめ オフィシャルサイト

あわせて読みたい

T-SITEの記事をもっと見る 2015年7月28日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。