ケイト・ブランシェット、ルシル・ボールの伝記映画で主役に抜擢!

ケイト・ブランシェット、ルシル・ボールの伝記映画で主役に抜擢!

ルシル・ボールの伝記映画で主役に抜擢されたケイト・ブランシェット



豪女優のケイト・ブランシェットが、コメディ女優ルシル・ボールの伝記映画で主役を務める契約を交わしたと報じられた。アーロン・ソーキンが手がける次回作で、ハリウッドの伝説を演じることになる。



米エンターテイメント情報サイト「TheWrap」によると、同作はルシルと米人気コメディシリーズ『アイ・ラブ・ルーシー』で共演した夫デジ・アーナズとの結婚生活に焦点を当てるという。ルシルとデジの2人の子どもたちがプロデューサーを務めるとも伝えられている。



デジ役を誰が演じるのか、あるいは同作がいつ公開されるかなど、詳細については不明だ。



ケイトの広報担当者はTheWrapの取材に対し、キャスティングについてのコメントを辞退した。



ケイトはロバート・レッドフォード、エリザベス・モスと共演する、ニュース番組の内幕を描いたドラマ『Truth(原題)』の撮影を終えたばかり。他にも『Manifesto(原題)』や、ルーニー・マーラナタリー・ポートマン、クリスチャン・ベールらと共演するテレンス・マリック監督のタイトル未定の作品にも出演している。



ケイトは後者でルーニーと数ヵ月で2度目の共演を果たした。1952年に発表されたパトリシア・ハイスミスの同名小説を原作とした恋愛ドラマ『Carol(原題)』では、ルーニーとケイトが劇中にエロチックなラブシーンに挑戦。ケイトは母のジューンにそのことを打ち明けた時のエピソードを語っている。



「母の誕生日で、こう伝えたの。『映画を観てきて。えっと、女の人の乳首にキスをするちょっとしたラブシーンがあるの。先に言っておくわ』って」とケイトは英「The Daily Mail」紙に語っている。



「ふう! 心配していたわけじゃないけど、知っておいてほしかったから」。



12月に公開される『Carol』は1950年代が舞台。タイトルにもなっている主人公の人妻キャロルと、ルーニー演じる若い店員ティリーズ・ベリベットの情熱的な恋を描いている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

T-SITEの記事をもっと見る 2015年9月6日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アン・ハサウェイ」のニュース

次に読みたい関連記事「アン・ハサウェイ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ケイト・ウィンスレット」のニュース

次に読みたい関連記事「ケイト・ウィンスレット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジュリア・ロバーツ」のニュース

次に読みたい関連記事「ジュリア・ロバーツ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら