「第一中央汽船グループ国内取引状況」調査

「第一中央汽船グループ国内取引状況」調査
第一中央汽船グループ地区別取引状況

 第一中央汽船(株)(TSR企業コード:291084648、東証1部、東京都中央区)が9月29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は1,196億800万円(保証債務含む)で、海運業者の倒産としては、2012年7月の三光汽船(株)(TSR企業コード:290448557、東京都港区、会社更生法、負債総額1,558億円)に次ぐ、歴代3番目の大型倒産となった。

 今回、東京商工リサーチは、保有する国内最大級の企業データベースから、第一中央汽船および国内主要連結子会社8社を対象に、同グループを取引先とする国内企業の取引状況を調査した。この結果、第一中央汽船グループの直接仕入先(1次仕入先)は93社、さらに直接仕入先との取引を行う間接仕入先(2次仕入先)は377社だった。また、直接販売先(1次販売先)は42社、間接販売先(2次販売先)は272社だった。四国地区は、直接仕入先数が関東地区に次いで多く、影響が注目される。

産業別:直接仕入先は運輸業・郵便業に集中

 第一中央汽船グループの直接仕入先は93社だった。最も多かったのは、運輸業・郵便業で46社(構成比49.4%)。次いで、卸売業・小売業の24社(同25.8%)となった。販売先も同様の傾向で、直接取引先42社のうち、運輸業・郵便業は22社(同52.3%)でトップ。卸売業・小売業の9社(同21.4%)、製造業の7社(同16.6%)の順となった。


あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年9月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。