「為替」関連倒産(2月速報値)

「為替」関連倒産(2月速報値)
拡大する(全2枚)
円安関連倒産月次推移

 2月の外国為替市況では、24日のニューヨーク外国為替市場において、米国新政権の経済政策に対する不透明感を背景にリスク回避的な円買い・ドル売りが加速し、円相場は約2週間ぶりに1ドル=111円台の円高に振れた。米国の連邦準備制度理事会(FRB)による3月の利上げは難しいとの見方も強めたことも円相場を押し上げる要因になり、2月9日以来の円高ドル安水準を付けた。

 こうしたなか、企業倒産は依然として沈静化が続き、2月の「円安」関連倒産は3件(速報値:2月28日現在、前年同月14件)だった。また、「円高」関連倒産も2カ月ぶりに1件(前年同月ゼロ)発生した。外国為替市場では、為替変動の大きな振れが目立たなくなったなかで、じりじり円高方向に振れている。ただし、資源価格の上昇もあって鋼材、樹脂、紙などの主要素材に値上げの動きが広がりつつある。中小企業の経営に与える影響が大きいため、今後の為替相場の動きとともに目が離せない。

「為替」関連倒産(2月速報値)の画像はこちら >>

「為替」関連倒産(2月速報値)
円高関連倒産月次推移

2月の倒産事例 円安関連

 (1)服飾資材・ハンガー等卸の(株)サンリバー(TSR企業コード:575117923、法人番号:3120001099901、大阪府)は、ハンガー、生活用雑貨の輸入販売会社。平成15年8月に中国現地法人を設けるなど事業拡大を続け、18年9月期の売上高は7億4,791万円を計上していた。しかし、円安の影響により粗利率は低下して為替差損の計上も重なり、25年9月期は債務超過に転落した。こうしたなか、業績回復が困難と判断して破産を申請し。負債総額は約3億円。

 (2)造花卸などの白川アート(株)(TSR企業コード:400642360、法人番号:3180001060155、愛知県)は、造花の輸入卸会社。ピーク時の平成13年1月期の売上高は2億5,000万円を挙げていたが、それ以降は業績を伸ばすことができなかった。このため仕入先を海外に求め、輸入品造花の取扱いが主力になっていた。円高時には収益を確保できたが、最近の円安傾向に伴い平成26年1月期の売上高が5,100万円まで縮小、赤字を計上するなど経営が苦しさを増していた。
 資金繰りが悪化するなか業況改善の兆しを見出す事ができないため破産を申請した。負債総額は4,000万円。


この記事の画像

「「為替」関連倒産(2月速報値)」の画像1 「「為替」関連倒産(2月速報値)」の画像2

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。