全国150万2,573社 「企業のメインバンク」調査

全国150万2,573社 「企業のメインバンク」調査
金融グループ、銀行 メインバンク取引社数ランキング

 国内の約150万社のメインバンクは、金融グループでは三菱UFJフィナンシャル・グループが12万4,331社(約150万社に占めるシェア8.2%)でトップだった。個別行でも、三菱東京UFJ銀行が12万3,763社(同8.2%)でトップを守った。大都市圏は大手行が優位を維持するが、地方では地方銀行のシェアが圧倒し、信用金庫も都道府県内シェアの上位にランクインが目立った。
 県内シェア(占有率)のトップは、島根県の山陰合同銀行で、県内シェアは65.7%に達した。都道府県別で、県内シェア50%以上の地方銀行は18行を数え、県内シェア2番手に入った信用金庫も8信金あった。
 東京都は、上位を三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行と、大手行が独占。5位に地方銀行を押しのけ多摩信金が登場した。東京都の地方銀行、第二地銀は取引先数が多くても大手行と信金に挟まれている状況が浮き彫りになった。
 マイナス金利の導入後、金融機関は本業の資金貸出による収益が厳しい状況が続いている。さらに地方は人口減少で貸出市場が縮小、産業構造の変化による地域経済の後退も懸念されている。それだけに地域経済の活性化には金融機関の積極的な金融仲介機能が欠かせない。取り巻く環境がドラスティックに変化するなか、金融機関は経営の効率化や再編による経営健全化と同時に、「フィデューシャリー・デューティー」(顧客本位の業務運営)をより求められている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東京商工リサーチの記事をもっと見る 2017年8月4日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「三菱東京UFJ銀行」のニュース

次に読みたい関連記事「三菱東京UFJ銀行」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ゆうちょ銀行」のニュース

次に読みたい関連記事「ゆうちょ銀行」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新生銀行」のニュース

次に読みたい関連記事「新生銀行」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら