大塚家具 9四半期ぶりに黒字転換、無借金も継続

大塚家具 9四半期ぶりに黒字転換、無借金も継続
大塚久美子社長(3月撮影)
       

 (株)大塚家具(TSR企業コード:291542085、江東区、大塚久美子社長)は、2018年12月期第1四半期が9四半期ぶりに黒字転換したと発表した。
 5月11日に発表した2018年12月期第1四半期の決算報告は、売上高91億2,133万円(前年同期比10.7%減)、営業利益が赤字の14億1,958万円(同2億8007万円改善)、当期純利益が1億96万円(同9億1,991万円改善)だった。無借金経営は継続している。
 銀行出身で財務部長などを務めた取締役常務執行役員の杉谷仁司氏が4月30日に退任し、5月27日には創業地の春日部ショールーム(埼玉県)を閉店する。
 最近はネガティブな情報が多いが、5月1日にEC事業拡大を目指しAmazon(アマゾン)でのネット販売に乗りだした。これまでの店舗販売からオムニチャネル化(実店舗とバーチャル店舗の販売を連携させた購買スタイル)への強化策だ。第1四半期の黒字転換を機に、大塚社長が宣言した上半期の当期利益の黒字、下半期の営業利益の黒字を達成できるのか注目される。

9四半期ぶりの黒字、無借金経営を継続
 2018年12月期第1四半期(1-3月)の当期純利益は1億96万円で、前年同期の8億1,895万円の赤字から9億1,991万円改善した。
 黒字は、不動産流動化に係る固定資産売却益11億7,666万円の特別利益が寄与した。
 だが、営業利益は14億1958万円の赤字(前年同期16億9,966万円の赤字)、経常利益は13億7,212万円の赤字(同16億2,423万円の赤字)と改善しても、本業ベースの赤字は続いている。

あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「大塚家具 9四半期ぶりに黒字転換、無借金も継続」の みんなの反応 13
  • 匿名さん 通報

    不動産売却したからでしょ

    10
  • 匿名さん 通報

    散々叩いてた奴の手の平返しくるでw

    7
  • ( ^∀^) 通報

    とりあえずよかったねー。あの創業者の父親嫌いだ。

    3
この記事にコメントする

「大塚家具 + 新宿」のおすすめ記事

「大塚家具 + 新宿」のおすすめ記事をもっと見る

「大塚家具 + 名古屋」のおすすめ記事

「大塚家具 + 名古屋」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「三菱重工」のニュース

次に読みたい関連記事「三菱重工」のニュースをもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月11日の経済記事

キーワード一覧

  1. 大塚家具 名古屋
  2. 大塚家具 新宿
  3. 大塚家具 株価

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。