スルガ銀行 3時間を超える株主総会ドキュメント

 6月28日の上場企業の株主総会の集中日、「シェアハウス関連融資」問題で揺れるスルガ銀行(TSR企業コード:449001504、東証1部)の第207期定時株主総会が沼津市内で開催された。岡野光喜・代表取締役会長も出席。問題の発覚後、初めて公の場に姿を見せた。岡野会長は「多大なるご心配をおかけしていることを深くお詫びする」と発言。米山明広・代表取締役社長は「お客様本位ではなかった」とこれまでの営業姿勢を総括した。
 怒号も飛び交い、3時間以上も紛糾した株主総会を追った。

6月28日9時10分
 スマートデイズ・スルガ銀行被害弁護団(以下、被害弁護団)の河合弘之団長(さくら共同法律事務所)、金裕介弁護士(同)とシェアハウスオーナーが沼津駅前で落ち合う。総会会場への道すがら、打ち合わせを行う。

9時15分
 被害弁護団、オーナーが会場ビル入り口に到着。多くの報道関係者が待ち構える。

スルガ銀行 3時間を超える株主総会ドキュメントの画像はこちら >>

株主総会の会場前(沼津市内、6月28日9時15分)
9時25分
 会場入り口での入場受付。9時から受付が始まっており混雑はない。混雑を見越して受付所まで迂回の誘導路が組まれている。これを見た株主の一人が「なぜ、こんなに空いているのに迂回させるのか。そこからおかしい」と受付係員に大声で抗議。

9時30分
 会場内。株主席は横25列、縦16列程度の配置。すでに半分ほどが埋まっている。株主数人がパソコンを取り出すと、スルガ銀行の係員が使用を控えるよう要請する。

この記事の画像

「スルガ銀行 3時間を超える株主総会ドキュメント」の画像1 「スルガ銀行 3時間を超える株主総会ドキュメント」の画像2

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク