ネット融資仲介「maneo」の組成ファンドが返済を延滞、元本割れの恐れも

ネット融資仲介「maneo」の組成ファンドが返済を延滞、元本割れの恐れも
川崎市麻生区の物件

 金融取引業者のmaneoマーケット(株)(TSR企業コード:297202863、東京都)と、貸金業のmaneo(株)(TSR企業コード:297073834、東京都)を中心とするソーシャルレンディング(以下SL)大手の「maneo」は11月1日、3件の延滞発生を明らかにした。
 「maneo」のSLは、maneoマーケットが投資家を募り、maneoなどSL事業者に出資する。SL事業者は集めた資金を借り手に貸し付け、その利息を投資家に分配する。ただ、今年7月、maneoマーケットは関東財務局からファンドの取得勧誘に関し、虚偽の表示などで業務改善命令を受けている。さらに、maneoや関連会社が担保保全したファンドが返済を延滞しており、元本割れの可能性も出てきた。
 東京商工リサーチ(TSR)情報部が急成長する「maneo」の延滞ファンドの周辺を迫った。

不動産担保付きファンドだが… ソーシャルレンディングは、投資家から集めた資金の借り手の社名や案件を「借り手保護」のため明らかにしていない。投資家は「maneo」の公表する概要で判断するしかない。
 11月1日に「maneo」が延滞を公表したファンドの1つは、不動産業のA社に約20億円を「maneo」から関連会社である(株)リクレ(TSR企業コード:298012308、千代田区)を経由して不動産の購入資金として融資した。
 「maneo」が投資家に公開しているA社の一部ファンドの概要は、川崎市内の担保不動産にリクレが順位1位の極度額19億2,000万円の根抵当権を設定し、公正証書の契約で保全しているという。

あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る 2018年11月9日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。