2018年決算 「上場企業2,591社の平均年間給与」調査、平均年間給与は7年連続上昇で初の600万円台、建設業が4年連続トップ

2018年決算 「上場企業2,591社の平均年間給与」調査、平均年間給与は7年連続上昇で初の600万円台、建設業が4年連続トップ
上場企業2,591社 平均年間給与

 2018年決算の上場企業2,591社の平均年間給与は606万2,000円(中央値593万5,000円)で、前年より7万円(1.1%増)増えた。給与の増加は2012年から7年連続で、8年間で42万5,000円(7.5%増)上昇した。伸び率(前年比1.1%増)は、2017年(同0.6%増)を0.5ポイント上回り、2016年(同1.0%増)以来、2年ぶりに1%台の上昇率となった。
 平均年間給与の最高はM&AアドバイザリーのGCAの2,063万3,000円(前年1,559万円)で、唯一の2,000万円台。2位は不動産賃貸のヒューリックの1,636万円(同1,530万6,000円)。事業承継や都心部での再開発など活況な不動産業界を反映した。3位から5位には総合商社が名を連ね、1,000万円以上は31社(前年28社)で過去最多となった。
 業種別では、建設業(718万7,000円、前年比1.6%増)が4年連続でトップ。一方、最低は小売業の473万8,000円だったが、6年連続で平均年間給与は増加している。
 国税庁の民間給与実態統計調査(平成29年分)によると、平均給与は432万2,000円(うち、正規493万7,000円)で、5年連続で前年を上回った。ただ、上場企業の平均年間給与と2017年で167万円の差がある。業績好調を背景に、上場企業の平均年間給与は上昇をたどっているが、中小企業は人材確保による人件費アップを避けられず、規模による収益格差は広がっている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東京商工リサーチの記事をもっと見る 2019年5月27日の経済記事
「2018年決算 「上場企業2,591社の平均年間給与」調査、平均年間給与は7年連続上昇で初の600万円台、建設業が4年連続トップ」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    たった2,591社の平均給与だしても意味あるんかいねw 中小零細からのヘイト集めるだけだと思うが? こうして分断化してアメリカみたいになってくんかいね..

    5
  • 匿名さん 通報

    日本には年収300万円以下がゴロゴロいます。二極化しているのに、平均を出す意味などない。しかも、政府に優遇されている企業の平均なんて出しても、反政権者を増やすだけ。それが目的か?

    4
  • 匿名さん 通報

    平成27年国税庁の民間給与実態統計調査によると、年収300万円以下の人は全体の40%。特に非正規の給与は殆ど上がっていないんじゃないか。会社は正規を切り、非正規を増やすことで利益率を上げているのでは?

    4
  • 匿名さん 通報

    物価とともに賃金もあがっていると思ってたけど、上場企業だけだったのか。でも下請けの賃金あげているので中間搾取されなきゃあがっていると思うんだけど。

    3
  • 匿名さん 通報

    と言って、中規模小売業社員は「いらっしゃいませ!」も言えないレベルの社員が増えた。必然的に値段が少々高くても大手を利用する事になる。人と接する職業は、社員で決まる。誰かみたいにクレーマーにならない。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「住宅」のニュース

次に読みたい関連記事「住宅」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。