2019年3月期決算「役員報酬1億円以上開示企業」調査

2019年3月期決算「役員報酬1億円以上開示企業」調査
2019年3月期 役員報酬額ランキング

 上場企業の2019年3月期決算で1億円以上の役員報酬の開示は280社、人数は570人だった。
 社数は前年同期を40社(前年同期240社)、人数は32人(同538人)それぞれ上回った。この結果、2017年3月期から3年連続で社数・人数の最多記録を更新した。
 2018年3月期から2年連続で登場した役員は404人。このうち、役員報酬が増えたのは238人(構成比58.9%)で約6割を占めた。初登場は166人だった。
 役員報酬額の最高は、ソフトバンクグループのロナルド・フィッシャー副会長32億6,600万円。報酬内訳は、基本報酬3億3,900万円、株式報酬29億2,400万円(未確定分を含む)など。また、上位10位に外国人役員が6人を占め、グローバルな人材確保で報酬の高額化も進んでいる。
 開示人数の最多は、三菱電機の21人(前年同期22人)で、6年連続トップを守った。
 役員報酬1億円以上の個別開示制度は、2010年3月期から開始された。2010年3月期から10年連続で登場の役員は73人で、2019年3月期登場の570人の12.8%だった。

  • ※本調査は、全証券取引所の上場企業2,411社を対象に、2019年3月期の有価証券報告書で役員報酬1億円以上を個別開示した企業を集計した。上場区分は2019年7月10日現在。
  • ※2010年3月31日に施行された「企業内容等の開示に関する内閣府令の改正」で、上場企業は2010年3月期決算から取締役(社外取締役を除く)、監査役(社外監査役を除く)など、役職別及び報酬等の種類別の総額、提出企業と連結子会社の役員としての連結報酬1億円以上を受けた役員情報の有価証券報告書への記載が義務付けられた。内閣府令改正は、上場企業のコーポレート・ガバナンス(企業統治)に関する開示内容の充実を目的にしている。
  • 日産自動車の2018年3月期以前の数値は、2019年5月14日に訂正した数値を反映。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ソフトバンク 株価
東京商工リサーチの記事をもっと見る 2019年7月19日の経済記事
「2019年3月期決算「役員報酬1億円以上開示企業」調査」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    従業員の平均給与がものすごい額になってるが、上の方でふんだくってる奴が数字を引き上げているのであって末端社員は年収200万円程度だからね。間違えないように。

    4
  • 匿名さん 通報

    都市銀行の頭取等も役員報酬の情報を開示すべき。(皆さん、見たらビックリするよ。)

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。