2019年3月期決算「上場企業1,841社の平均年間給与」調査

2019年3月期決算「上場企業1,841社の平均年間給与」調査
上場企業1,841社 平均年間給与

 2019年3月期決算の上場企業1,841社の平均年間給与は629万円で、前年同期(621万8,000円)に比べ7万2,000円(1.1%)増加した。平均年間給与は調査を開始した2010年3月期以降、9年連続で伸び続け、2010年3月期の567万円から1.1倍増となった。平均年間給与の中央値も、614万2,000円(前年同期608万3,000円)で、平均年間給与の底上げが進んでいることがわかった。
 企業別の最高は、2年連続トップの三菱商事で1,607万7,000円(前年同期1,540万9,000円)だった。2位は、伊藤忠商事で1,520万7,000円(同1,460万9,000円)、3位は不動産開発の日本商業開発で1,501万1,000円(同1,368万5,000円)の順。上位10位には三井物産(4位、1,430万円)、住友商事(6位、1,389万5,000円)、丸紅(7位、1,389万3,000円)と総合商社が入り、1,000万円以上は27社(前年同期24社)と過去最多となった。なお、対象外の持株会社239社では、最高は三菱ケミカルホールディングス1,738万円で、1,000万円以上は30社(同30社)だった。
 業種別では、建設業(749万3,000円、前年同期比1.0%増)が3年連続でトップ。一方、最低は小売業の486万7,000円(477万円、同2.0%増)で、8年連続で増加した。
 上場企業の平均年間給与は、9年連続で上昇をたどっている。国税庁の民間給与実態統計調査(平成29年分)によると、平均給与(正規)は493万7,000円(全体432万2,000円)で、5年連続で前年を上回ったが、上場企業(2019年3月期)とは135万3,000円と格差がある。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 伊藤忠商事 株価
  2. 伊藤忠商事 決算
東京商工リサーチの記事をもっと見る 2019年7月22日の経済記事
「2019年3月期決算「上場企業1,841社の平均年間給与」調査」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    あのなあ、上場企業は下請けや零細企業を痛めつけて高給を社員に払ってるんだよ。本来受け取るべき給料をもらえていない貧乏人がたくさんいての高給なんだよ。わかる?

    1
  • 匿名さん 通報

    それなのに高給取りは「俺たちは一生懸命働いてるから高給。貧乏人は怠けている」と真っ赤なウソを言うわけ。

    1
  • 匿名さん 通報

    格差を減らし、みんなが平等に幸せに暮らせる世の中を作ろうというのが社会主義。現代の中国は社会主義ではなく「歪みの大きい資本主義」なんだよ。勉強してねアホども。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「伊藤忠商事 + 株価」のおすすめ記事

「伊藤忠商事 + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

「伊藤忠商事 + 決算」のおすすめ記事

「伊藤忠商事 + 決算」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「三菱商事」のニュース

次に読みたい関連記事「三菱商事」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。