全国152万3,938社 「2019年 企業のメインバンク」調査~ 三菱UFJ銀行がトップ、業界再編が加速へ ~

全国152万3,938社 「2019年 企業のメインバンク」調査~ 三菱UFJ銀行がトップ、業界再編が加速へ ~
主な金融グループ、銀行 メインバンク取引社数ランキング

 国内152万3,938社のメインバンクは、三菱UFJ銀行が12万4,531社(シェア8.1%)で調査開始以来、7年連続でトップを守った。大企業の多い東京や大阪、愛知の大都市で強みを発揮。2位は三井住友銀行の9万6,203社(同6.3%)で、兵庫、大阪の関西圏での強さが際立った。3位は7万9,047社(同5.1%)のみずほ銀行で、東京2位、神奈川3位、埼玉4位と首都圏で上位に入った。
 メインバンク数ではメガバンクが上位を占めたが、地方では地元の地方銀行が圧倒的なシェアを誇り、地域経済の活性化に地銀の存在が欠かせない状況に変わりはない。
 また、業態別の全国トップは、信用金庫は京都中央信金の8,084社(同0.5%)、信用組合では茨城県信組が2,975社(同0.2%)だった。
 金融再編が相次ぐ中、金融グループでは「三菱UFJフィナンシャル・グループ」が12万5,050社(シェア8.2%)でダントツのトップ。2018年8月に十八銀行との統合が公正取引委員会から認められた「ふくおかフィナンシャルグループ」は、「めぶきフィナンシャルグループ」を上回り、5位に躍り出た。
 マイナス金利で経営環境が厳しい金融機関は、店舗削減などのリストラや経営統合、業務提携に動き出している。メガバンクは大都市に強く、地方銀行や第二地銀、信金、信組はそれぞれの地域で地元企業を支える構図が鮮明になっている。地域金融機関は、メガバンクとは取引先数の差が大きいが、中小企業の実態に詳しい。この強みを生かし、中小企業の大型投資や海外進出を支える地域をまたぐ統合、合併等の「リージョナル・メガバンク」も視野に入れるべきだろう。


あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る 2019年8月6日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら