歌舞伎座前の弁当屋「木挽町辨松」が廃業へ 新型コロナ影響し152年の歴史に幕

記事まとめ

  • 木挽町辨松が4月20日、152年の歴史に幕を下ろし廃業する。
  • 「歌舞伎座前の弁当屋」として知られ、池上正太郎のエッセイにも出てくる老舗。
  • 設備の老朽化や後継者難のところに、新型コロナがとどめを刺した。

152年の歴史に幕 歌舞伎座前の弁当屋「木挽町辨松」が廃業へ

 東京・東銀座。「歌舞伎座前の弁当屋」として有名だった弁当製造、(株)木挽町辨松(こびきちょうべんまつ)(TSR企業コード:291517641、東京都中央区)が4月20日、152年の歴史に幕を下ろす。
 木挽町辨松は、作家の池波正太郎のエッセイ『日曜日の万年筆』や俳人の久保田万太郎の作品にも出てくる老舗だ。歌舞伎座や新橋演舞場などの役者さんや観劇用弁当として愛され続け、一時は歌舞伎座前の本店のほか、中目黒店など7店舗を展開していた。
 猪飼信夫社長は、「(出店していた)東急東横店が3月末に閉店し、新店舗への移転も考えたが投資負担が重く、去年の夏ごろから廃業を考えていた」と語る。
 廃業を惜しんだ関係者が「木挽町辨松」の暖簾を守るため、譲渡先探しに動いた。「良いところまで進んだが、新型コロナの影響で譲渡が難しくなった。これで廃業を決断した」と猪飼社長は寂し気な顔で語った。
 歌舞伎座前の本店も新型コロナ感染拡大の影響が直撃し、「歌舞伎座や新橋演舞場の休演で売上が落ち込んだ」(猪飼社長)。廃業決断には、いくつもの要因が重なった。東急東横店の閉店に加え、端午の節句や成人式などの節目に利用してくれたお客も減っていた。さらに、設備の老朽化や後継者難もあった。そこに新型コロナがとどめを刺した。

木挽町辨松の歌舞伎座前の店舗(4月2日撮影)

 猪飼社長は、「コロナで辞めたとは言いたくない。だが、歌舞伎座も新橋演舞場も休演で、電車に乗ってまでお店に買いに来るのは難しい。コロナでお客様にお別れができないのが残念。コロナを恨みます」と語った。
 製造設備が老朽化し、弁当販売員は「その日の朝にならないと入荷がわからないこともあった」と語るが、廃業を惜しむ声も多い。由緒ある弁当屋さんを新型コロナが奪った。様々な人を幸せにした想い出が、また一つ消えていく。


あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「152年の歴史に幕 歌舞伎座前の弁当屋「木挽町辨松」が廃業へ」の みんなの反応 24
  • 匿名さん 通報

    アメリカ=外出禁止 ヨーロッパ各国=外出禁止 インド=外出禁止 日本=マスク2枚配る(しかも1人じゃなく各家庭にたったの2枚) は?

    5
  • 匿名さん 通報

    14:22 君が東京コンプレックスの塊なのはよくわかった。気の毒に。

    4
  • 匿名さん 通報

    中国人も南北朝鮮人も嫌いです。日本に来ないで下さい。中国武漢ウイルスが終息した暁には、ボイコット中国人・ボイコット南北朝鮮人活動が全世界で展開されます。

    4
  • 匿名さん 通報

    『中国ウイルス』『中国武漢ウイルス』と名付けないなら中国政府は他国のウイルスと公言すり替えます。中国人相手なら『中国ウイルス』『中国武漢ウイルス』名称は譲ってはダメです。

    3
  • 匿名さん 通報

    大丈夫だよ。どんなに東京で武漢肺炎ばらまいてる。ってコメントしても、出所は中国で、初期の封じ込めをしなかった共産党とWHOの失策だとみんなわかってるからね。工作員は自国の事を心配したらどうですか?

    2
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。