人気過熱のジャパニーズウイスキー、業績好調も原酒不足がネックに

人気過熱のジャパニーズウイスキー、業績好調も原酒不足がネックに
拡大する(全2枚)
ウイスキー国内出荷(移出)数量推移

 日本のウイスキーの歴史は約100年。世界5大ウイスキーに数えられる「ジャパニーズウイスキー」にも、長らく冬の時代が続いた。
 そんな「ジャパニーズウイスキー」の評価が海外で高まり、ウイスキーメーカーの業績は好調だ。だが、過熱する人気で原酒が不足し、ファンのつなぎとめが課題となっている。

 国内外で人気が高まっている「ジャパニーズウイスキー」だが、長期熟成の原酒が不足し、「山崎」や「竹鶴」など一部人気ウイスキーは販売休止や出荷制限に追い込まれている。
  品薄の人気ブランドは、オークションサイトで数十万円を超える価格で取引されるほど。この人気に便乗し、外国産原酒のみのウイスキーを「ジャパニーズウイスキー」として販売する輩も出現するなど、ウイスキー人気が過熱している。
  サントリーホールディングスの担当者は、「これまでも出来る限りの設備投資を行っているが、ウイスキーは熟成に時間を要し、すぐに原酒不足が解消されるものではない。しばらく時間が必要だろう」という。
  原酒不足で、好調だったウイスキーメーカーの業績は一服感も見え始めた。
 

 ウイスキーは麦などの穀物を原料にして、発酵や蒸留を経て樽で熟成する。ウイスキーで10年と表示されているのは、少なくとも10年以上、樽で熟成した原酒のみで作られる。
 このため供給量を超えた需要増が続くと、原酒が足りなくなる。だが、10年物は10年以上、30年など長期熟成は気の遠くなる時間が必要で、すぐに増産できない宿命にある。
 国内唯一の洋酒メーカー団体の日本洋酒酒造組合調べの「ウイスキー国内出荷(移出)数量」によると、2007年の出荷量は年間6,091万リットルまで落ち込んでいた。
 ところが、2009年頃から「ハイボール」の人気が高まると、2010年には8,127万リットルまで回復。その後、ブームの一巡で落ち着いたが、2014年にNHKでニッカウヰスキー創業者をモデルとした「マッサン」が放映されると、再びウイスキー人気が高まった。 海外でも「ジャパニーズウイスキー」が高く評価され、国内外での人気の高まりで、 2019年の出荷量は1億5,943万リットルと2007年の2.6倍(161.7%増)に増えた。
 2020年は品目間の移動で1億3,679万リットルに減少した。新型コロナによる飲食店の休業や原酒不足による出荷減も背景にあるが、組合担当者は「品目移動を考慮すると大きな減少ではない」との見方を示している。
 


この記事の画像

「人気過熱のジャパニーズウイスキー、業績好調も原酒不足がネックに」の画像1 「人気過熱のジャパニーズウイスキー、業績好調も原酒不足がネックに」の画像2

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月3日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。