役員報酬 1億円以上、6日はオリンパスなど2社で開示 [2020年3月期決算 上場企業]

役員報酬 1億円以上、6日はオリンパスなど2社で開示 [2020年3月期決算 上場企業]
役員報酬20200706

 7月6日17時までに、2020年3月期決算の有価証券報告書の提出が確認されたのは累計2,250社。このうち、報酬額1億円以上の個別開示を行ったのは241社で、人数は495人だった。

個別開示 2社・7人

 7月6日、2020年3月期決算の有価証券報告書で役員報酬1億円以上の個別開示を行ったのは、日産自動車とオリンパスの2社だった。
 日産自動車は、西川前社長兼最高経営責任者(報酬額2億9,800万円)、山内前最高執行責任者(同4億1,900万円)、軽部前最高財務責任者(同2億4,900万円)ら5人を開示した。また、過去の退職慰労金制度の廃止に伴う打切り支給額として、取締役を退任した志賀俊之氏に1億5,200万円、西川前社長に1億1,400万円を別途支給したことを記載した。
 オリンパスは、竹内社長(同1億3,000万円)と、シュテファン・カウフマン取締役(同2億700万円)の2人を開示した。

7月6日までに495人が開示

 7月6日までに役員報酬額1億円以上で開示された495人のうち、最高額は住友不動産の高島準司元会長の22億5,900万円。
 2位はソフトバンクグループのマルセロ・クラウレ副社長COOの21億1,300万円、3位は武田薬品工業のクリストフウェバー社長の20億7,300万円、4位はソフトバンクグループのラジーブ・ミスラ副社長の16億600万円、5位はトヨタ自動車のDidier Leroy元副社長が12億3,900万円。

 開示人数では、最多が三菱UFJフィナンシャル・グループの10人。以下、8人がファナック、東京エレクトロン、三菱商事、三井物産の4社。7人がバンダイナムコホールディングス、三井不動産、野村ホールディングスの3社。

※役員報酬1億円以上の開示は、「改正企業内容等の開示に関する内閣府令」に基づき、2010年3月期決算より報酬等の総額、報酬等の種類別(基本報酬・ストックオプション・賞与・退職慰労金等の区分)の総額を有価証券報告書に記載することが義務付けられた。


あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュース

次に読みたい関連記事「テスラ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月6日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。