新型コロナで破産から一転、民事再生の(株)赤玉、2店舗を都内の企業が承継予定

  新型コロナウイルスの感染拡大で休業中の4月15日、東京地裁に破産を申請した後、事業承継の可能性が生じたため5月29日、同地裁に民事再生法の適用に切り替えたパチンコホール経営の(株)赤玉(TSR企業コード:400217414、法人番号:5180001056721、名古屋市名東区)。関係者によると、倒産に至るまでには業績不振だけでなく、貯玉や貯メダルの引き出しによるキャッシュアウトも追い打ちをかけていたという。
 管財人の三森仁弁護士(あさひ法律事務所)が事業承継先の選定を進めていたが、このほど赤玉が展開していた3店舗のうち、アカダマウエスト店(杉並区)とアカダマサザンクロス店(荒川区)の2店舗を、パチンコホール経営の都内の企業が承継予定であることが7月6日、わかった。関係者が明らかにした。
 これに先だち、都内の企業は吸収分割でアカダマウエスト店を6月12日付け、アカダマサザンクロス店を6月24日付けで、それぞれ(株)赤玉から事業承継することを官報で公告していた。
 関係者によると、官公庁や団体との調整が済み次第、正式に事業を承継する予定。なお、赤玉の残る1店舗「アカダマキャニオン」の承継先は、「見つかっていない」(関係者)という。

あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月7日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。