大塚家具がサブスクを開始 負担の少ない定額料金でニーズ掘り起こし

       
 

 経営不振が続く(株)大塚家具(TSR企業コード:291542085、JASDAQ)は7月16日、家具やインテリアのサブスクリプション(サブスク)を開始した。
 家具インテリアのサブスクリプションサービス「airRoom」を運営する(株)Elaly(TSR企業コード: 028466411、東京都中央区)とのコラボで、大塚家具によると「購入という選択肢ではなく、サブスクを提供することで大塚家具が世界中から厳選した家具を負担の少ない定額料金で利用いただける」という。
 大塚家具によると、サブスクは最低3カ月から。その後、1カ月単位で利用でき、送料がスタート時と返却時にそれぞれ1点あたり送料3,300円(込)かかる。
 ベッドマットレス(セレーナPR、シングル)は、店頭価格5万9,800円(税込)だが、サブスクでは月額2,970円(税込)で利用できる。当初はソファやダイニングセット、ベッドなど約70種類からスタートする。
 大塚家具の担当者は、「状況をみながら、さらにアイテムを増やしていく予定で、色々な家具を使ってもらえたら」とコメントした。

大塚家具がサブスクを開始 負担の少ない定額料金でニーズ掘り起こし
大塚家具サブスク②

‌     サブスクでニーズを掘り起こせるか(大塚家具提供)

データを読む一覧に戻る

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155


あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「大塚家具がサブスクを開始 負担の少ない定額料金でニーズ掘り起こし」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    大塚家具が高級すぎた! ニトリらのインテリアに、みなやられてしまったな。

    0
この記事にコメントする

「大塚家具 + 新宿」のおすすめ記事

「大塚家具 + 新宿」のおすすめ記事をもっと見る

「大塚家具 + 名古屋」のおすすめ記事

「大塚家具 + 名古屋」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「三菱重工」のニュース

次に読みたい関連記事「三菱重工」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月16日の経済記事

キーワード一覧

  1. 大塚家具 名古屋
  2. 大塚家具 新宿
  3. 大塚家具 株価

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。