「為替」関連倒産(11月度速報値)

「為替」関連倒産(11月度速報値)
円安
       

 2020年11月のドル円相場は、米大統領選挙の結果判明が遅れたため、8カ月ぶりに一時103円割れ目前までドル売りが進んだ。その後は、新型コロナウイルスワクチン開発のニュースや各国の金融緩和を背景に米国や日本の株価が上昇、為替相場でもドルの買戻しが進み、105円台前半まで戻す場面もみられた。
 東京商工リサーチが7月30日に発表した「東証1部、2部上場メーカー129社の2021年3月期決算想定為替レート調査」では、「新型コロナウイルス」の影響もあり、約7割(89社)が開示していない。また、開示した40社では、1ドル=105円の設定が過半数(21社)を占めた。為替相場ではドル安が進行する見方もあり、多くのメーカーに為替差損が発生する可能性をはらんでいる。
 こうしたなか、11月の「円安」関連倒産(速報値)は、7カ月連続で発生がなかった(前年同月1件)。倒産発生ゼロの連続記録を7カ月に伸ばした。また、「円高」関連倒産(速報値)は、2カ月連続で発生がなかった(同ゼロ)。

「為替」関連倒産(11月度速報値)の画像はこちら >>

「為替」関連倒産(11月度速報値)
円高

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。