「新型コロナウイルス」関連破たん【12月1日16:00 現在】

「新型コロナウイルス」関連破たん【12月1日16:00 現在】
日本地図1201①
       

 12月1日は16時時点で、「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1,000万円以上)が6件(倒産6件)判明し、2月からの累計が全国で753件(倒産689件、弁護士一任・準備中64件)となった。

 月別では、103件発生した6月以来、7月は80件、8月は67件と前月を下回ってきたが9月は100件で3カ月ぶりに前月を上回り、10月は105件で単月での最多件数を更新した。11月は101件が判明し、9月以来3カ月連続で100件を上回った。 企業業績が回復しないなかで、息切れを中心にコロナ破たんの高止まりが続いている。

 なお、集計対象外だが、負債1,000万円未満の小規模倒産は累計36件判明。この結果、負債1,000万円未満を含めた新型コロナウイルス関連破たんは累計789件となった。

 「GoToキャンペーン」の運用見直しや方針転換が進んでいるほか、酒を提供する飲食店や接待を伴う飲食店等に対する営業短縮・休業要請などが感染拡大が深刻な地区を中心に広がりつつある。感染拡大防止との難しい舵取りが続くが、年末の書き入れ時を前に経営体力の乏しい飲食業者など、消費関連の小・零細企業に悪影響を及ぼす可能性は否めない。コロナ関連破たんは引き続き予断を許さない状況が続いている。

【都道府県別】(負債1,000万円以上)~ 東京が180件に 30件以上が6都道府県 ~

 都道府県別では、東京都が180件(倒産164件、準備中16件)で、全体の2割以上(構成比23.9%)を占め、突出している。以下、大阪府が76件(倒産70件、準備中6件)、兵庫県が36件(倒産32件、準備中4件)、神奈川県35件(倒産30件、準備中5件)、北海道34件(倒産34件)、愛知県33件(倒産32件、準備中1件)と続く。
 都道府県別では10~20件未満が11県、20~30件未満が3県、30件以上は6都道府県に広がっている。


当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。