2020年「全国社長の出身大学」調査

2020年「全国社長の出身大学」調査
社長出身大学1
       

 2020年の全国社長の出身大学は、社長数2万1,253人の日本大学が、調査開始から10年連続でトップを守った。
 2位は慶應義塾大学の1万656人、3位は早稲田大学が1万382人で、僅差のライバル関係が続く。
 上位20位までに国立大学は10位の東京大学、20位の京都大学の2大学のみで、社長数では私学優位が続いている。
 東日本は21都道県のうち、17都県で日本大学が首位を占め(首位タイ含む)、日大一強の感が強い。一方、西日本は地元や域内の私立大学と国立大学が鎬(しのぎ)を削り、東日本の「中央」志向に対し、西日本は「地元」優位の違いが際立った。
 社長数が上位100校で、出身社長の企業(医科歯科系を除く)の業績は、増収や増益など好業績は東京大学、京都大学、大阪大学など、旧帝大を中心にした国立大が目立った。私大は、金沢工業大学、大阪工業大学、芝浦工業大学など、工業系大学が上位にランクインした。

  • ※本調査は、東京商工リサーチの企業データベース約390万社の代表者データ(個人企業を含む)から、公開された出身大学を抽出、集計した。同一人物が複数の企業で社長を務める場合、売上高の上位1社に絞り込み、社長を兼務する重複企業は集計対象外とした。集計対象外の企業は28万2,385社。
    出身大学が名称変更、統合した場合、存続大学名で集計した。本調査は2010年から始め、今回が10回目。
日本大学が10年連続トップ

あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。