金融庁、「包括的担保」の論点を公表

 2020年12月25日、金融庁は「事業者を支える融資・再生実務のあり方に関する研究会・論点整理」を公表した。議論を始めた当初、金融庁は動産や債券のほか、知的財産、のれんなどを裏付けとする担保権について、「包括的担保」と総称していたが、公表された資料では「事業成長担保」(仮称)との名称も提示し、金融機関の事業者支援の在り方をより明確にした。
 整理された論点は今後、法務省の法制審議会で本格的に検討される見通しだ。

 記者向けブリーフィングで、金融庁の担当者は、産業構造の転換により、有形資産より無形資産が重要な時代になっていることを指摘。従来の不動産担保だけでなく、事業自体を担保としてファイナンスを行っていくことが重要との認識を示した。
 また、「生産性の向上に資するリスクマネーの提供」、「高齢化が進むなかで事業承継の支障となっている経営者保証」、「コロナ禍での事業再生」など、日本経済が抱える問題と担保の関係に触れ、事業成長担保がこれまでリスクが高く十分な融資が受けられなかった事業者への資金供給に繋がる可能性を示唆した。
 一方、事業成長担保が導入された場合にも既存の担保制度がなくなるわけではなく、有用な場合には従来通りの不動産担保の活用を否定するものではない点も強調した。

主な論点

○貸し手の範囲の限定
 事業成長担保は貸し手の権利が強くなる可能性があり、担保権の濫用防止や債務者保護の観点から担保権設定者に適格要件を求めるかどうか。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク