三越伊勢丹 3度目の下方修正、新型コロナの影響が長期化

三越伊勢丹 3度目の下方修正、新型コロナの影響が長期化
三越伊勢丹
       
営業利益と当期純利益は前回予想据え置き  

 1月27日、(株)三越伊勢丹ホールディングス(TSR企業コード:297339362、新宿区、東証1部)は3度目の2021年3月期の業績予想を下方修正し、売上高(連結)が前回予想から150億円悪化の8,000億円になりそうだと発表した。再度の緊急事態宣言に伴う時短営業など新型コロナの影響が長期化している。

 修正した2021年3月期(連結)の売上高は8,000億円(前回予想8,150億円)と前回予想から150億円の減収で、営業利益(330億円の赤字)と当期純利益(450億円の赤字)は前回予想から据え置いた。

 三越伊勢丹HDの担当者によると「百貨店事業を中心に昨年12月までは回復基調にあったが、緊急事態宣言の発出に伴う外出自粛や消費マインドの低迷を鑑み、足元のトレンドを見て売上高の下方修正をした」とコメントした。

 販売については、「昨年からチャット・ビデオ接客、決済まで可能なショッピングアプリ『三越リモートショッピング』を運用している。お客様を密に集めるのが困難ななか、ECの強化に取り組んでいる」(同担当者)と説明した。

三越伊勢丹 3度目の下方修正、新型コロナの影響が長期化の画像はこちら >>

‌                 三越伊勢丹の店舗(TSR撮影、5月)

データを読む一覧に戻る

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください 支社店一覧 関連情報

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。