かっぱ寿司のカッパ・クリエイト、新型コロナの影響が長期化し4年ぶりの営業赤字へ

 回転寿司チェーン「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイト(株)(TSR企業コード:410016497、東証1部)は2月10日、2021年3月期の業績予想を下方修正した。当初予想の3億5500万円の黒字から15億500万円の赤字に引き下げた。緊急事態宣言の再発令に伴う、営業時間の短縮や外出自粛が影響した。 通期が営業赤字に転落するのは2017年以来、4年ぶり。最終利益は2年連続の赤字見通し。

 業績の回復が一層遅れるとして、売上高・利益ともに下方修正した。修正後の2021年3月期の連結業績は売上高が647億1700万円(前回予想708億1700万円)、営業利益が15億500万円の赤字(同3億5500万円の黒字)、当期純利益が11億円の赤字(同4億1700万円の黒字)。
 カッパ・クリエイトによると、人件費の削減や生産性向上などでコスト構造の最適化を推進していくという。

 2022年3月期については、新型コロナの感染拡大が一定程度抑止されれば、売上高746億円、営業利益22億円に回復することを想定している。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク