2020年12月期決算 上場企業34社がGC注記・重要事象を記載

 上場企業の2020年12月期決算(2020年1~12月)がほぼ出揃った。
 2月28日までに決算発表した企業のうち、同期の決算短信に「継続企業の前提に関する注記」(ゴーイング・コンサーン注記、GC)を記載した企業は16社だった。
 また、GCに至らないまでも、事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある場合に記載する「継続企業の前提に関する重要事象」(重要事象)を記載した企業は18社だった。

 GC注記・重要事象の記載企業は合計34社で、前年同期(2019年12月期)の22社から12社増加した。このうち、「新型コロナウイルス」による業績への悪影響を理由に挙げた企業は20社と、約6割(58.8%)にのぼり深刻さが増している。

ブライダル・観光関連などに初めて記載

 中間決算まではGC注記の記載がなかったが、本決算で記載した企業は4社だった。
 ブライダル事業を展開し、ホテル・結婚式場「雅叙園東京」を経営するワタベウェディング(株)(TSR企業コード:641093977、東証1部)は、新型コロナの影響を受けて婚礼・宿泊・飲食・旅行関連で大幅赤字を計上。2020年12月期末時点で8億6,300万円の債務超過(連結ベース)に転落した。
 このほか、インバウンド消失や渡航制限で売上が低迷した(株)HANATOUR JAPAN(TSR企業コード:296506427、マザーズ)、ベルトラ(株)(TSR企業コード:293198497、マザーズ)の旅行業の2社。和装雑貨販売と観光客向けの着物レンタルを主力とする(株)和心(TSR企業コード:296593370、マザーズ)も、インバウンド消失や外出自粛の影響が直撃した。
 また、重要事象でも、名門ホテル「椿山荘」を経営する藤田観光(株)(TSR企業コード:291046878、東証1部)や婦人フォーマル大手の(株)東京ソワール(TSR企業コード:291181210、東証2部)など3社が、同期決算で初めて重要事象を記載した。


当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。