吉野家HD、コロナの影響重く75億円の最終赤字=22年2月期は黒字転換へ

 

 (株)吉野家ホールディングス(TSR企業コード:290624100、東京都中央区、東証1部)は4月13日、2021年2月期(連結)の最終利益が75億300万円の赤字だったと発表した。新型コロナの影響で店舗の休業や時短営業による売上減が響いた。コスト削減を急ぎ、下半期は営業利益が黒字に転換したが、店舗の減損が大きかった。

 2022年2月期(連結)の業績予想は、最終利益20億円と黒字転換を計画している。

あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。