オーケー社長、関西スーパーへのTOB「一度は先方から高い評価いただいた」 オーケー・二宮社長 単独インタビュー(前編)

オーケー社長、関西スーパーへのTOB「一度は先方から高い評価いただいた」 オーケー・二宮社長 単独インタビュー(前編)
拡大する(全1枚)
オーケー二宮社長(前編)

いま、(株)関西スーパーマーケット(TSR企業コード:570048320、伊丹市、東証1部、以下関西スーパー)の動向が、スーパーマーケット業界だけでなく、株式市場も賑わしている。
関西スーパーは先に買収を打診していたオーケー(株)(TSR企業コード:290029155、横浜市)の提案を退け、エイチ・ツー・オー・リテイリング(株)(TSR企業コード:570169607、大阪市、東証1部、以下H2O)の傘下入りを8月末に発表した。この“奇襲作戦”にオーケーは9月3日、株価(当時)に約6割のプレミアム(上乗せ)をつけてTOBの意向があることを公表。関西スーパーの争奪戦は、個人投資家を巻き込む事態に発展した。オーケーとの協業を拒んだ関西スーパーは10月29日、伊丹市で開催する臨時株主総会で株主に対して、H2O傘下入りの賛否を問う。


東京商工リサーチ(TSR)は、オーケーの二宮涼太郎・代表取締役社長に単独インタビューし、買収提案の狙いや今後の見通しを訊いた。

オーケー社長、関西スーパーへのTOB「一度は先方から高い評価...の画像はこちら

取材に応じるオーケー二宮社長(10月7日夜、横浜市) ―関西エリアへの進出を決めた背景は

オーケーはいま、関東1都3県、国道16号線内を出店エリアにしている。ここへは引き続き積極的に出店していく方針だ。
ただ、少子高齢化、人口減少が深刻化するなか、アフターコロナを見据え、エリア拡大が急務であると考えた。
競争関係は今や同業他社のみではない。ドラッグストアも伸び、コロナ禍でEC利用も広がる。異業種同士との競争は避けられない。一方、需要は減っていく。業界の先行きは厳しさを増す。我々は「関東で勝ち残っていく」が、さらに成長を求めるには、関東の次の大市場である関西への進出が不可避だ。


あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「株式」に関する記事

「株式」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「株式」の記事

次に読みたい「株式」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク