高島屋、休業要請が響き中間期は2期連続の赤字

 2021年3-8月の連結純利益43億円の赤字 

 大手百貨店の(株)高島屋(TSR企業コード:570108730、大阪市中央区、東証1部)は10月14日、2021年3-8月(連結)の純利益が43億7500万円の赤字だったと発表した。新型コロナ感染拡大による外出自粛や休業要請による店舗の臨時休業、営業時間の短縮などが影響した。ただ、営業費の削減で前年同期から赤字幅189億900万円改善した。
 2021年3-8月(連結)は、売上高(営業収益)3471億8900万円(前年同期比16.8%増)、営業利益20億1400万円の赤字(前年同期102億1700万円の赤字)、純利益43億7500万円の赤字(同232億8400万円の赤字)だった。百貨店事業の入店客数、売上は前年同期から大きく改善したが、店舗の臨時休業やインバウンド売上の消失により、コロナ禍以前の水準(2019年3-8月(連結)の売上高4531億4400万円)には戻っていない。百貨店再生に向けコスト構造改革や営業力強化を進めていく。

 なお、同日、2022年2月期通期の業績予想を下方修正すると発表した。売上高(営業収益)7640億円(前回8120億円)、営業利益60億円の黒字(同130億円の黒字)、純利益23億円の黒字(同100億円の黒字)。2度の緊急事態宣言により想定外の臨時休業を強いられたうえ、宣言解除後もコロナ収束時期が見通せず営業収益の大幅な増加は見込めないと判断した。ただ、黒字に転じる計画で下半期の業績が注目される。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク