サマンサタバサ、業績不振が長期化 純利益は6期連続の赤字へ

 新型コロナの影響重く、下方修正 

 業績不振が長期化している(株)サマンサタバサジャパンリミテッド(TSR企業コード: 293842310、東京都港区、マザーズ)は10月15日、2022年2月期の連結純利益を1億200万円の黒字から27億5100万円の赤字に業績予想を下方修正した。赤字となれば6期連続で、新型コロナの影響も重く、売上高も大幅に下方修正した。

 サマンサタバサは、2020年7月に紳士服大手の(株)コナカ(TSR企業コード: 350617880、横浜市戸塚区、東証1部)の子会社となっている。コナカからの支援や、不採算店舗の閉鎖、仕入削減などを進め、業績改善を目指している。2021年8月にはコロナの影響が長引いていたハワイの子会社の解散を決議した。

  同時に発表した2021年3-8月(連結、中間)の売上高は118億5100万円(前年同期比49.6%増)、営業利益18億2800万円の赤字(前期同期20億4300万円の赤字)、当期純利益24億3400万円の赤字(同80億9100万円の赤字)と増収、赤字額は縮小した。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク