国内107銀行 総資金利ざや0.16%、3年ぶりに上昇(2021年3月期決算)

国内107銀行 総資金利ざや0.16%、3年ぶりに上昇(2021年3月期決算)
拡大する(全2枚)
利ざや

 国内107銀行の2021年3月期決算の「総資金利ざや(中央値)」は、0.16%(前年0.13%)で、前年を0.03ポイント上回った。2018年同期以来、3年ぶりに上昇した。だが、「資金運用利回り(中央値)」の低下には歯止めが掛からず、貸出の低金利競争のなかで銀行の資金運用の苦境を物語っている。
 2021年3月期の「資金運用利回り(中央値)」は0.94%だった。3月期で1.0%を下回ったのは2010年に調査を開始以降、初めて。前年と比較可能な105行のうち、資金運用利回りが前年を上回ったのは11行(構成比10.4%)で、1割にとどまった。一方、「資金調達原価(中央値)」は0.77%(前年0.88%)と縮小し、比較可能な105行すべてが前年を下回った。
 「総資金利ざや」は、資金の運用利回りと調達利回りとの差を示す。「資金運用利回り」が「資金調達原価」を下回る「逆ざや」は8行で、前年17行から9行減少した。「逆ざや」は、大手行が2行(前年3行)、地方銀行が4行(同7行)、第二地銀が2行(同7行)。「逆ざや」の銀行数が前年より減ったのは、2019年同期(16→14行)以来、2年ぶり。
 コロナ禍企業への資金繰り支援策で、銀行は積極的に貸出を伸ばした。しかし、依然として低金利での貸出が続いている。銀行は、アフターコロナに向け中小企業の経営再建やM&Aなど、貸出以外での収益確保の確立も急がれる。


この記事の画像

「国内107銀行 総資金利ざや0.16%、3年ぶりに上昇(2021年3月期決算)」の画像1 「国内107銀行 総資金利ざや0.16%、3年ぶりに上昇(2021年3月期決算)」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク