ソニーG好調持続 売上と営業利益が過去最高

 

 ソニーグループ(株)(TSR企業コード:291064280、東京都港区、東証1部)の好調が続いている。2021年4-9月(連結、IFRS)の売上高は4兆6262億800万円で、中間決算で過去最高だった2018年同期間を約5000億円上回り、3期ぶりに過去最高を更新した。ゲーム関連事業や音楽事業が好調だった。営業利益は前年同期から615億7800万円増え、2期連続の最高益を達成した。
 10月28日に発表したソニーGの2021年4-9月中間(連結、IFRS)の業績は、売上高4兆6262億800万円(前年同期比13.7%増)、営業利益5985億2700万円(同11.5%増)、純利益4249億3500万円(同34.8%減)だった。
 有料会員制ストリーミングサービスからの収入増など音楽分野の拡大が続いている。ライセンス収入が増えた映画分野やプレイステーション5などのゲーム&ネットワークサービス分野も、大幅増収だった。
 同日、2022年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高9兆9000億円(前期比10.0%増)、営業利益1兆400億円(同8.9%増)、純利益7300億円(同29.1%減)を見込む。

データを読む一覧に戻る

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせフォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください支社店一覧 関連情報
編集部おすすめ

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク