中間の国際貨物は過去最高の売上高を更新 

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で業績回復が遅れているANAホールディングス(株)(TSR企業コード:290096677、東京都港区、東証1部)は10月29日、2022年3月期の連結最終利益の予想を従来の35億円の黒字から1000億円の赤字に下方修正した。夏季の緊急事態宣言の発令などで旅行や出張など国内旅客の回復が遅れ、最終黒字の確保が難しくなった。
 2022年3月期の連結業績予想は、売上高1兆600億円(従来予想1兆3800億円)で前回予想から3200億円引き下げた。国際貨物は堅調だが、旅客需要の回復時期が従来計画から遅れたことが響いた。営業利益1250億円の赤字(同280億円の黒字)、最終利益1000億円の赤字(同35億円の黒字)と黒字から一転、赤字に予想を下方修正した。
 同時に発表した2021年4-9月の連結決算は、前年同期比47.7%増の売上高4311億2500万円と大幅増収だった。旅客需要の回復は遅れているが、国際貨物は過去最高の売上を更新した。営業利益は1160億700万円の赤字(前年同期2809億5000万円の赤字)と減便などコスト削減効果で、赤字幅は大幅に縮小した。

データを読む一覧に戻る

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせフォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155