レンゴー、中間の売上高、利益が過去最高

 

 板紙製造大手のレンゴー(株)(TSR企業コード:570222265、大阪市北区、東証1部)は、2021年4-9月(中間)の連結売上高、純利益がともに上場以来、過去最高だったと発表した。海外における重包装製品の販売好調が牽引した。
 11月2日に発表した2021年4-9月の連結業績は、売上高3635億7500万円(前年同期比10.4%増)、営業利益は202億9500万円(同13.8%増)、最終利益190億7800万円(同46.9%増)だった。前期は、新型コロナウイルス感染拡大の影響が重かったが、今期は海外事業の需要が回復した。また、通販や宅配など段ボール事業も好調を維持している。コロナ禍から経済活動が回復するとともに、包装製品の需要も回復に向かいつつある。

データを読む一覧に戻る

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせフォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください支社店一覧 関連情報
編集部おすすめ

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク