キレイモ、代表交代と金銭トラブル
拡大する(全1枚)
ANA

 脱毛サロン「KIREIMO(キレイモ)」で、金銭トラブルが表面化している。

 東京商工リサーチ(TSR)は、「TSR情報」2月18日号で、キレイモを展開する(株)ヴィエリス(TSR企業コード:363955682、渋谷区)の代表取締役が2021年11月末に交代し、新社長が代表を務めるA社のホームページにヴィエリスが「関連会社」として掲載(当時)されていることを報じた。

 すでにこの時期、キレイモの契約者の解約に伴う返金処理が一部滞っていた。また、ここにきて従業員への給与遅配も浮上した。複数の従業員がTSRの取材に、「3月支給の給与遅配に続き、4月分も振り込みが遅れた」と語った。従業員によると、3月の支給日前日に社長から「振り込みが遅れます」とアナウンスがあった。ただ、3月の遅配は「社歴の浅い従業員ばかりで、役職者には通常通り振り込まれた」という。4月は、支給日前日に「期日通り」とアナウンスがあったものの、当日の夜、再び社長から遅延がアナウンスされたという。

 28日午前、ヴィエリスの関係者はTSRの取材に対し、「お客様からの問い合わせが多数寄せられている」と明かした。顧客への返金や給与の遅延については「事実」としたが、「今後振り込む予定があるので、(従業員の)雇用や店舗営業は通常通り続ける」と説明した。

 新社長が代表を務めるA社の商業登記簿の事業目的は、3月26日付で内容が大幅に変更され、「飲食店の企画」や「エステティックサロンの経営」などが追加されている。