王将フードサービス、好調なテイクアウトなどで当期純利益が過去最高
拡大する(全1枚)
餃子の王将

 「餃子の王将」などを展開する(株)王将フードサービス(TSR企業コード:641133189、東証プライム)は5月16日、2022年3月期の連結決算を発表。当期純利益が創業以来、過去最高を更新し、88億700万円を計上した。時短営業などで店内飲食の回復は遅れたが、強化したテイクアウトで大幅増収を確保。効率的なシフト編成のほか、補助金収入も利益を押し上げ、これまでの過去最高2020年3月期の当期純利益53億1100万円を大幅に上回った。

 2022年3月期の連結決算は、売上高847億7500万円(前期比5.2%増)、営業利益69億5900万円(同14.6%増)、当期純利益88億700万円(同105.4%増)で増収増益だった。テイクアウトやデリバリーの比率が高まり、客単価が上昇したことも好業績の背景だ。

 王将フードサービスは5月14日から、餃子や炒飯など14商品で20円から30円(税抜)値上げした。餃子は税込(店内飲食)で、西日本で242円から264円、東日本では264円から286円にそれぞれ改定した。

王将フードサービス、好調なテイクアウトなどで当期純利益が過去...の画像はこちら >>

‌最高益を更新した王将フードサービス(TSR撮影)