2021年11月の全国企業倒産510件

2021年11月の全国企業倒産510件
拡大する(全5枚)
2021年11月の倒産

2021年11月の全国企業倒産510件の画像はこちら >>

11月の倒産は56年ぶりの低水準、コロナ関連は月間最多の172件発生

 2021年11月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が510件(前年同月比10.3%減)、負債総額が941億100万円(同7.8%減)だった。
 件数は、6カ月連続で前年同月を下回った。11月としては2年連続で500件台にとどまり、1965年(509件)以来、56年ぶりの低水準となった。
 負債総額は、4カ月ぶりに前年同月を下回った。11月としては1972年以降では、1989年(813億1,400万円)に次ぐ4番目の低水準。負債1億円以上5億円未満は112件(前年同月102件)、同5億円以上10億円未満は15件(同12件)と増加したが、同10億円以上は13件(同19件)と減少。同1億円未満は370件(構成比72.5%)で、依然として小・零細規模を主体に推移している。
 主な倒産は、蓄電池販売などのD-LIGHT(株)(東京・負債213億円)が東京地裁に破産を申請した。複数の企業との循環取引が問題視されている。
 11月の「新型コロナウイルス」関連倒産は172件(前年同月比91.1%増)で、3カ月連続で月間最多を更新した。1-11月累計は1,522件(前年同期705件、前年同期比115.8%増)。

2021年11月の全国企業倒産510件
企業倒産月次推移

  • 「人手不足」関連倒産のうち、「後継者難」が41件(前年同月39件)
  • 形態別件数:破産が462件。法的倒産の構成比、18カ月連続で90%台
  • 都道府県別件数:前年同月を上回ったのが16道県、減少22都府県、同数9県
  • 負債別件数:負債1億円未満の構成比が72.5%、3カ月連続で100億円以上が発生
  • 業種別件数:老人福祉・介護事業、繊維工業、プラスチック製品製造業などが増加
  • 従業員数別件数:10人未満の構成比が90.7%、300人以上は11カ月連続でゼロ
  • 中小企業倒産件数(中小企業基本法に基づく)は510件で、4カ月連続で100.0%

この記事の画像

「2021年11月の全国企業倒産510件」の画像1 「2021年11月の全国企業倒産510件」の画像2 「2021年11月の全国企業倒産510件」の画像3 「2021年11月の全国企業倒産510件」の画像4
「2021年11月の全国企業倒産510件」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク