携帯アプリ「バイオハザード」のシリーズなどを開発した(株)アプリカが破産申請へ

 (株)アプリカ(TSR企業コード:298409887、新宿区新宿1-20-13、設立平成22年6月、資本金1億5392万5000円、大野俊朗社長)と、関連の(株)アプリカラボ(TSR企業コード:952166470、那覇市松尾1-9-47、設立平成24年3月、資本金500万円、同社長)は9月1日、事後処理を近藤早利弁護士ほか(第一中央法律事務所、中央区日本橋3-3-11、電話03-3281-7716)に一任した。今後の方針として破産申請を予定しているが、現段階では流動的となっている。
 負債は現在調査中であるが、億円単位になる模様。

 携帯アプリの制作業者。「バイオハザード アウトブレイクサバイヴ」、「神将麗戦アマテラス」などの開発に携わっていた。しかし、近年は、ヒット作に恵まれず売上不振となり、資金繰りも逼迫。先行き見通しも立たず事業継続が困難となり、今回の措置となった。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク