テレビ東京の「シネマ通信」などを手がけた映像制作会社(株)タイムワープが破産開始決定

 (株)タイムワープ(TSR企業コード:293844976、法人番号:4011601004046、渋谷区渋谷3-6-15、登記上:練馬区中村北1-20-13、設立昭和62年12月、資本金1000万円、時盛裕行社長)と、関連の(株)デジタルタイムワープ(TSR企業コード:294502858、法人番号:1011001071350、同所、設立平成14年6月、資本金1000万円、同社長)は11月14日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には曽根翼弁護士(虎ノ門南法律事務所、港区虎ノ門1-15-12、電話03-3502-6294)が選任された。
 負債は現在調査中。

 広告代理店やテレビ局などに販路を形成し、テレビ東京の「シネマ通信」などテレビ番組や番組宣伝などの映像制作を手がけていた。平成10年5月期は売上高約4億5000万円をあげていたが、競争激化や需要の減少から売上不振に陥った。近年は「鳥海浩輔・前野智昭の大人のトリセツ」(TOKYOMX)や「西山宏太朗の健僕ピース!」(TOKYOMX)、インターネットテレビのLIVE配信の制作、有名アニメの映像編集などを手がけたが、業況は改善せず、事業継続を断念した。
 デジタルタイムワープも番組制作を手がけていたが、タイムワープに連鎖した。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク