埼玉・東京で焼き鳥の有名店「ひびき庵」などを経営 (株)ひびきが民事再生

 (株)ひびき(TSR企業コード:313846391、法人番号:9030001057689、川越市霞ケ関北2-3-2、設立1992(平成4)年1月28日、資本金1億円、日疋好春社長)は8月20日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。申請代理人は鈴木規央弁護士(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業、東京都千代田区内幸町2-2-2、電話03-5501-2111)。監督委員には高木茂弁護士(銀座木挽町法律事務所、中央区銀座4-10-3、電話03-6228-4487)が選任された。
 債権者説明会は、8月26日午後2時30分から台東区民会館9階ホールで開催予定。
 負債総額は債権者181名(金融機関20名、リース債権31名ほか)に対して77億949万円。

 1990年6月創業。1994年頃から焼き鳥の提供を開始し、1995年には川越市内に第1号店をオープンさせた。以降、店舗を展開し、川越市を中心に埼玉県内に24店舗、東京都内に5店舗、茨城県内に1店舗を有し、各店舗にて焼き鳥を中心とした肉料理の販売・提供を行っていた。
 2015年6月期には売上高約15億5800万円を計上するなど堅調に推移し、出店ペースも加速させていた。しかし、過去からの積み重なった借入金の債務負担が重くのしかかったことに加え、増加した店舗の管理のために本部人員を増強させたことで経費が増大し、利益の悪化を招いていた。

 2018年と2019年には金融機関からの要請で2つの会社を買収したものの、従来の事業とのシナジーをあげることができず、買収費用によりさらに収支を圧迫した。また、日本酒オートサーバーの開発など非食品分野への積極的な研究投資を行ったが奏功せず、本部経費の増加により利益は悪化。こうしたなか、2018年にテナントオーナーの意向で、大きな収益源でもあった東京大手町店を撤退せざるを得なくなり、後継の有楽町店の売上も低迷し大手町店の減収を補えなかったため、2019年6月期には約13億円の赤字を計上し、債務超過に陥った。
 資金繰りが破綻することも明白であったことから早期に再建に着手するため、今回の措置となった。
 今後は、高い収益力を持つ本業に経営資源を集中させ、早期に再建を目指すとのこと。

あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る 2019年8月21日の経済記事
「埼玉・東京で焼き鳥の有名店「ひびき庵」などを経営 (株)ひびきが民事再生」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    焼き鳥屋で成功したければ、昔は名古屋で店を出せが有名だったんだけどね。暖簾とカウンターを見れば、美味い焼き鳥が食べられる店かどうか分かる。例外なく油の臭いが外に洩れてる店は間違いなく不味い。

    0
  • 埼玉いとめん 通報

    ひびきの焼き鳥はとても美味いし、従業員もみんなお客の事見ていてくれる、無くなっては困るから何とか頑張って欲しい

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。