ピクチャーエレメントが破産 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』などの映像加工

記事まとめ

  • 株式会社ピクチャーエレメントが、東京地裁より破産開始決定を受けた。
  • 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』など、映画やドラマの映像加工を手掛ける。
  • 採算性が低く、1億円超の債務超過に陥り資金繰りが逼迫。

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」などの映像加工を手掛けていた(株)ピクチャーエレメントが破産

 (株)ピクチャーエレメント(TSR企業コード:298864762、法人番号:2010901029085、世田谷区成城1-4-1、設立2011(平成23)年9月、資本金1140万円、大屋哲男社長)は9月18日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には鐘ヶ江洋祐弁護士(長島・大野・常松法律事務所、千代田区丸の内2-7-2、電話03-6889-7197)が選任された。
 負債総額は債権者62名に対して約1億9400万円。

 VFXやDI技術を駆使した映画やドラマなどの映像加工などを手掛けていた。撮影のデータ管理や企画、プリプロダクション、シナリオ、コンテンツなど映画完成までのワークフローの設計や実行、管理などの提案も行っていた。
 「坂の上の雲」や「のだめカンタービレ」、「ステキな金縛り」、「映画怪物くん」、「図書館戦争」ガリレオXX」、「永遠の0」、「魔女の宅急便」、「STAND BY MEドラえもん」、「るろうに剣心」、「エヴェレスト神々の山嶺」、「海賊とよばれた男」などに関わるほか、最近では「マスカレード・ホテル」や「キングダム」、「TWO WEEKS」、「アルキメデスの大戦」、「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の映像加工も手掛けていた。
 2018年8月期の売上高は6億1291万円を計上したが、採算性は低く、1億円を超える債務超過に陥っていた。こうしたなか、受注した案件の不採算や見込んでいた受注の喪失などもあり資金繰りは逼迫。事業継続が困難となり、今回の措置となった。

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」などの映像加工を手掛けていた(株)ピクチャーエレメントが破産」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ファイナルファンタジーの映画知ってりゃ、ドラクエの映画にかかわろうとするほうが経営能力無能だ。

    1
  • 匿名さん 通報

    昨日の今日で突然死      www        えない

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月25日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。