ミュージックネイションが破産開始決定

記事まとめ

  • ミュージックネイションは東京地裁から破産開始決定を受けた。
  • 過去には、海外バンドのファンクラブ運営や映像商品の販売を行っていた。
  • 代表者が脱税容疑で逮捕、起訴された後は、実質休眠状態だった。

ファンクラブ運営などを手掛けていた(株)ミュージックネイションが破産開始決定

 (株)ミュージックネイション(TSR企業コード:298865823、法人番号:8011001070833、渋谷区神宮前2-14-19、設立2011(平成23)年9月15日、資本金990万円、長谷川裕社長)は10月2日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には松尾幸太郎弁護士(みなと協和法律事務所、港区虎ノ門2-1-1、電話03-3568-2178)が選任された。
 負債は現在調査中。

 米国のマネジメント会社と提携し、海外ミュージシャンのファンクラブや商品企画を手掛けていた。過去には、ロックバンド「KISS」や「MAROON5」の日本ファンクラブを運営していたほか、「Back Street Boys」などの映像商品の販売を行っていた。
 しかし、2014年に代表者が脱税の容疑で東京地検に逮捕、起訴されたことで以降は実質休眠状態となっていた。
 2019年8月に債権者から破産を申し立てられ、今回の措置となった。

あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る 2019年10月9日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら