(株)エンポリオ破産開始、韓国の人気かき氷店「ソルビン」を運営

記事まとめ

  • 株式会社エンポリオが、東京地裁から破産開始決定を受けた。
  • 海外ブランドの日本総代理店業や、韓国の人気かき氷店「ソルビン」などを運営。
  • 2019年9月期に債務超過に転落、2020年1月31日付けで全店舗を閉店していた。

韓国の人気かき氷店「ソルビン」が1月末で閉店して話題となっていた(株)エンポリオが破産開始

 (株)エンポリオ(TSR企業コード:292641800、法人番号:4011701001620、江戸川区東小岩1-3-1、設立1985(昭和60)年10月、資本金3000万円、鈴木一郎社長)は2月14日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には福岡真之介弁護士(西村あさひ法律事務所、千代田区大手町1-1-2、電話03-6250-6200)が選任された。
 負債総額は債権者約250名に対して約14億5000万円。

 海外ブランドの日本総代理店として、ブランドバッグや財布などの皮革製品、雑貨類を扱っていた。過去には米国のバッグブランド「NicoleLee(ニコールリー)」などの日本総代理店として国内小売店向けの卸売や、直営の小売店「MUCHO(ムーチョ)」などを展開。2006年9月期は売上高約12億9800万円をあげていた。
 しかし、競争激化や消費低迷から販売が低迷し、2011年9月期は売上高7億8912万円にとどまっていた。
 2016年に韓国の人気かき氷店「SULBING(ソルビン)」を原宿などに6店をオープンしたが、投資負担が重く、資金繰りが悪化。2019年9月期は売上高約7億円に対し、多額の赤字を計上し債務超過に転落した。
 こうしたなか、2020年1月31日付けで、全国のソルビンを含む運営する全店舗を閉店、事業を停止し今回の措置となった。

あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「韓国の人気かき氷店「ソルビン」が1月末で閉店して話題となっていた(株)エンポリオが破産開始」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ≪頭*狂ビルで騒ぎ≫≪頭*狂騒然 ≫一方≪他国の話題で自らの不都合ひた隠す親殺害最多頭狂穢土人民腸栓共和国では≫≪新型コロナ感染者横行か≫頭狂騒ぎがあったことがわかった。

    0
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月19日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。