「新型コロナウイルス」関連破たん、麺類製造の星栄商店が破産へ

 (株)星栄商店(TSR企業コード:140276688、法人番号:9370201002378、加美郡加美町字西町34-1、設立1972(昭和47)年3月、資本金1000万円、星佳宏社長)は3月31日、事業を停止し、破産手続きを狩野直樹弁護士(みらい法律事務所、仙台市青葉区一番町2-11-12、電話022-211-9350)へ一任した。
 負債総額は約1億1500万円(2019年9月期決算時点)。

 麺類の製造を主体に事業を展開し、主力ブランド「とっちゃんラーメン」に加え、納入先との共同開発の「ふかひれラーメン」、地元特産の野菜を使用した「ほうれん草麺」、「ねぎ麺」が好評で、1993年9月期には売上高約2億500万円を計上していた。以降は他社の新製品との競合などから年間売上高は1億円台半ばで推移。2019年9月期は大手先との競合が一層厳しさを増し、売上高は約7700万円にとどまり、債務超過額も拡大した。
 近時は、「ベガルタ仙台」や「東北楽天ゴールデンイーグルス」のホームゲームで出店し、「もちもち焼きそば」や「五目おこわ」を販売していた。しかし、「新型コロナウイルス」感染拡大に伴う相次ぐイベントの中止で資金繰りのめどが立たなくなり、今回の措置となった。

あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「新型コロナウイルス」関連破たん、麺類製造の星栄商店が破産へ」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    海外なら国が保障するよ。日本は「勝手にしね」だって。

    0
  • 匿名さん 通報

    以前から業績悪化、コロナ関係なし。

    0
  • 匿名さん 通報

    損害賠償訴訟は当然『中国武漢ウイルス』を発生された中国政府にするんだよー。中国武漢ウイルスが終息すれば『ボイコット中国・ボイコット中国人民』が世界中で始まります【チヤイナフリー:ノーリスク】

    0
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月3日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。