新型コロナウイルスの影響を受け都内のゴム風船メーカー(株)マルサ斉藤ゴムが破産

 (株)マルサ斉藤ゴム(TSR企業コード:291824889、法人番号:3010601015657、墨田区京島1-22-2、登記上:墨田区八広1-16-26、設立1981(昭和56)年1月8日、資本金2500万円、齋藤靖之社長)は4月6日、東京地裁に破産を申請した。申請代理人は栗林武史弁護士(遠藤・金崎・栗林法律事務所、港区西新橋1-19-6、電話03-3595-2921)。 負債総額は債権者35名に対して約2億円。
 東京都内の「新型コロナウイルス」関連の倒産は6社目。

 東京都内の「新型コロナウイルス」関連の倒産は6社目。
 ゴム風船、フィルム風船などの製造販売会社。玩具メーカーや問屋などを通して、コンビニエンスストア、スーパー、大手量販店などに子供向け玩具用ゴム風船や宣伝用風船などを販売していた。
 最近では少子化の影響などで風船需要が縮小したため、大人向け風船として「マルサバルーン」や「ふうせんバレー」を、国内工場や海外の関連会社を通じて製造し、2018年11月期には売上高2億4075万円をあげていた。
 しかし、主力の子供向け玩具用ゴム風船が、主力取引先からの受注落ち込みにより生産量が減少。ここにきて新型コロナウイルスの影響で、中国や東南アジアからの材料仕入れが困難となっていたうえ、国内でのイベント自粛の影響で、業況が悪化。資金繰りも限界に達し、今回の措置となった。

あわせて読みたい

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「新型コロナウイルスの影響を受け都内のゴム風船メーカー(株)マルサ斉藤ゴムが破産」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    阪神の応援のジェット風船をやめて欲しい。汚い。

    0
  • 匿名さん 通報

    何より最優先で安倍をこの世から廃棄する事脳ミソ空っぽの通りの会見で国にとって即時駆除すべき害虫でしかない事も証明してる

    0
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月7日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。