加賀温泉駅前で「レイプラザ」を運営 (株)三栄ビルが破産

加賀温泉駅前で「レイプラザ」を運営 (株)三栄ビルが破産
拡大する(全1枚)

加賀温泉駅前で「レイプラザ」を運営 (株)三栄ビルが破産の画像はこちら >>

※画像は実際の企業と関係はありません

 (株)三栄ビル(TSR企業コード:580173704、法人番号:9220002012392、加賀市加茂町101-3、設立1972(昭和47)年9月、資本金530万円、朝川渡志夫社長)は10月7日、金沢地裁小松支部より破産開始決定を受けた。破産管財人には杉本昌之弁護士(弁護士法人出口法律事務所、小松市西町3、電話0761-24-3633)が選任された。
 負債総額は35億8654万円。

 加賀温泉駅前でテナントビル「レイプラザ」を運営していた。しかし、地元経済の停滞や近隣への大型店舗出店による客足の鈍化などからテナントの撤退が相次ぎ、2013年1月には賃料収入が途絶えたことで、同年10月に事業を停止。その後、建物を解体していたが、債務の弁済のめどが立たず、今回の措置となった。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東京商工リサーチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク