見た目はまるで「ボラ」だけど美味なマニアック魚『メナダ』とは

実情はさておき「まずい魚」として知られるボラ。そんなボラに酷似していながら、味や旬、価格がまったく違うレアな魚が存在することをご存知でしょうか。

(アイキャッチ画像提供:野食ハンマープライス)

見た目はまるで「ボラ」だけど美味なマニアック魚『メナダ』とは

どこにでもいる「ボラ」

日本三大珍味の一つ、からすみ。このからすみの親として知られる魚がボラです。東京湾など内湾に多く棲息し、街中の水路や運河でもよく見かけるほか、ときに大挙して河口に押し寄せてニュースになることもあり、知名度は決して低くはないと思います。

見た目はまるで「ボラ」だけど美味なマニアック魚『メナダ』とは
ボラの稚魚(提供:野食ハンマープライス)

ボラはまずいサカナ代表?

しかしこれほど身近なサカナなのに、食べたことがあるという人はあまり多くないかも知れません。実はこのボラは、海底の泥の中に含まれる有機物を食べるという習性があり、水質の影響を大きく受けてしまうサカナなのです。そのため日本近海の水質が急激に悪化した高度経済成長期以降、「まずいサカナ」として認識されるようになってしまい、食材として見られなくなっていった、という悲しい過去があります。

しかし、本来ボラは美味しい魚。世界では養殖も行われている地域もあるほどで、現在でも水質の良い外洋で採れたボラは食用にされています。旬の冬には脂が乗り、刺身などでも食べることができます。それでも昔は高級魚として扱われたこともあったようですが、現在では安い庶民の魚といった印象です。

ボラそっくりなレア魚「メナダ」

さて、このボラと同じようなところに棲み、同じような生態を持ち、見た目までそっくりな魚がいるのですが、ご存知でしょうか。それがこちら。


あわせて読みたい

TSURINEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月31日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。