投げシロギス釣りでピンギス中心67匹 連掛け連発【三重・香良洲海岸】

5月7日、サーフのキスの状況を確認すべく、三重県津市の香良洲海岸へ釣行してみた。ピンギス中心に67匹の釣果をあげることができた。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・横山准司)

投げシロギス釣りでピンギス中心67匹 連掛け連発【三重・香良洲海岸】

香良洲で投げシロギス釣り

潮は大潮で、満潮が午前5時32分、干潮が午前11時56分。大潮なのでこの時期の水温を考えると、干潮前後の時間帯が気になる。香良洲では例年キスの釣れ始めは5月に入ってからなので、そろそろ本格的になってくるはず。

当日は人が増えない内にと、午前3時半ごろに起床した。現地へは5時30分ごろに到着。今回は釣友と一緒にサオを出すことになっており、現地へ到着してみるとすでに釣友は準備完了し、浜に降りるところだった。

あいさつをして、私は毎年釣果のいい水産加工会社の水門がある方へと向かった。目的の場所に到着して車から出て海岸を見渡すと、海藻が波打ち際に散乱しておらずきれいな状態だ。早速砂浜に降りると、解放感があり気持ちがいい。

投げシロギス釣りでピンギス中心67匹 連掛け連発【三重・香良洲海岸】
タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・横山准司)

この時期は比較的近くにキスがいることが多いので、テンビンは半遊動、シンカーはフロートタイプを使う。エサはイシゴカイだ。準備を終え1投目は5色半へ投入。北西の風が5m前後吹く予報で、すでに風が出始めている。

小型ながら本命シロギス顔見せ

オモリの着水を確認した後、少しだけ待ってから探りを開始した。フロートタイプのシンカーなので探りが軽く、海底の状態が確認しやすい。ゆっくりと探るが、キスのアタリが出ない。そのまま探ると、5色を切った辺りでキスのアタリが出た。活性が低いのか、アタリが小さい。連掛けを狙ったがアタリが出なかったので、2色を残して仕掛けを回収した。


あわせて読みたい

TSURINEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。