名産地『八郎湖』でワカサギ豊漁 低迷した昨年からV字回復の理由とは

名産地『八郎湖』でワカサギ豊漁 低迷した昨年からV字回復の理由とは
       

日本で親しまれている淡水の食用魚・ワカサギ。その主要産地のひとつ、秋田県の八郎湖でワカサギ漁が始まっており、豊漁が続いているそうです。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

名産地『八郎湖』でワカサギ豊漁 低迷した昨年からV字回復の...の画像はこちら >>

八郎湖でワカサギ漁が本格化

日本産の淡水魚では最も良く利用されているもののひとつ、ワカサギ。代名詞である「天ぷら」は学校給食でも定番メニューとなっており、全国的に親しまれています。

名産地『八郎湖』でワカサギ豊漁 低迷した昨年からV字回復の理由とは
水揚げされたばかりのワカサギ(提供:PhotoAC)

ワカサギの水揚げ高で全国3位となっている秋田県では、その最大の産地である八郎湖で、9月23日に本年度の漁が解禁されました。当地では「どっぴき漁」と呼ばれるワカサギ機船船引漁や、建網と呼ばれる定置網漁で盛んに漁獲されています。

例年10月になると本格化する八郎湖のワカサギ漁ですが、今年は解禁当初より連日豊漁が続いているそうです。(『八郎湖でワカサギ漁本格化 今年は豊漁で漁師が笑顔 秋田・八郎潟町』秋田朝日放送 2020.10.7)

豊漁の理由とは

昨年、八郎湖のワカサギは過去20年で最低の水揚げとなっていました。不漁の理由ははっきりしておらず、ワカサギの生息数が減った一方で同様の生態をもつシラウオが増えているなど、不可思議な点が多かったといいます。(『八郎湖のワカサギ漁、過去20年で最少 昨年・加工業者に打撃』秋田魁新報 2020.5.17)

一方、今年は日に150kgほどの水揚げがあり、これは去年の平均の15倍近い数値です。この豊漁の理由は、実は昨年の不漁と関連しているといいます。


あわせて読みたい

TSURINEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月25日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。