輪島沖ジギングで6.8kgヒラマサ 速巻きからのステイに好反応【諏訪丸】

輪島沖ジギングで6.8kgヒラマサ 速巻きからのステイに好反応【諏訪丸】
拡大する(全4枚)

石川・輪島沖では現在、キャスティングメインでメーターオーバーのヒラマサ狙いの釣り人が県外からも集まってくる。今回は諏訪丸からデカマサを狙った。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・村山雅治)

輪島沖ジギングで6.8kgヒラマサ 速巻きからのステイに好反...の画像はこちら >>

輪島の青物シーズン

今回は諏訪丸からヒラマサを狙った。輪島では、青物、根魚が一年を通して狙うことができるが、特にベストシーズンとされるのは、ゴールデンウィーク前後。そしてちょうど今の時期にあたる9月~12月。丸々と脂を蓄えた寒ブリほか青物が狙えるジギングのベストシーズンとされる。キャスティングで狙うならば、9月~12月中旬までがシーズンとなっている。

輪島沖ジギングで6.8kgヒラマサ 速巻きからのステイに好反応【諏訪丸】
輪島沖の釣り場風景(提供:WEBライター・村山雅治)

タックル&戦略

釣行日は10月27日。天気は晴れで波高0.5~1m、風速2m前後。輪島沖の舳倉島近辺の水深80~120m前後を狙う。5時~14:00までの釣行である。

今回は2タックル用意した。

ロッド:天龍ジグザム JDF621S-5
リール:ソルティガ4500H
PEライン:ファイヤーライン4号
リーダー:40lb

ロッド:LUXXE OCEANジグドライブ S62M-RF
リール:カルディアLT 5000D-CXH
PEライン:ファイヤーライン3号
リーダー:40lb

輪島沖での青物狙いは、ほとんどがキャスティングメインで狙うため、回遊するスピードが速く、なかなか船が追い付けないと聞いていた。また、食い気がある時しかジグに食ってこないというのと、かなりの速巻きジグアクションでないとアタックはしてこないと経験から分かっていた。そのために青物の食い気が出る時間帯に入り、アタリが頻発する確変がはじまるまでは、体力を温存しつつジグアクションを入れて探っていく作戦をとった。


この記事の画像

「輪島沖ジギングで6.8kgヒラマサ 速巻きからのステイに好反応【諏訪丸】」の画像1 「輪島沖ジギングで6.8kgヒラマサ 速巻きからのステイに好反応【諏訪丸】」の画像2 「輪島沖ジギングで6.8kgヒラマサ 速巻きからのステイに好反応【諏訪丸】」の画像3 「輪島沖ジギングで6.8kgヒラマサ 速巻きからのステイに好反応【諏訪丸】」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TSURINEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク