ティップランエギングで700gアオリ トップは10尾超え【きずなまりん】

ティップランエギングで700gアオリ トップは10尾超え【きずなまりん】
拡大する(全3枚)

10月16日、佐賀唐津市のきずなまりんからティップランエギング。数は伸びなかったが良型のアオリイカをゲットした釣行をレポート。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

ティップランエギングで700gアオリ トップは10尾超え【き...の画像はこちら >>

きずなまりんでティップラン

10月16日、今季初のティップランエギングへ。遊漁船は唐津市肥前町大浦のきずなまりんを利用した。

午前6時に出港予定だが、皆早めに集合したので、10分前に出港。やや風予報だが、ティップランには最適かなと船長と話し釣座を決める。私の釣座はミヨシになり40分の航行の間、ドキドキしながらタックルを準備。

ティップランエギングで700gアオリ トップは10尾超え【きずなまりん】
タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

ポイントは長崎県青島沖の水深16m。ボートエギングではカケサガリ、カケアガリと目まぐるしく変化し、水深と船の流れ方を読むことは、陸っぱりよりはるかに状況判断が難しい。

まずは底取りをしっかりするために、エギ3号(23g)にシンカー20gを追加して様子を見る。PEライン0.4号なので、しっかりと把握できる。軽くしてもよいが、まずは様子を見て判断。

700g良型アオリ浮上

すると、隣の人に幸先良くヒット!秋イカらしいサイズのアオリイカ。負けじとエギにアクションを加え、ピタッと止める。ティップランでは、アクション後の止めた時にアタリがでるので、しっかりとエギを安定させるのがコツである。

ティップがコツンとアタリをとらえた。アワセを入れて「ギュンギュン」と心地よいジェット噴射が最高!まずは500gほどと陸っぱりサイズよりは大きいのが嬉しい。


この記事の画像

「ティップランエギングで700gアオリ トップは10尾超え【きずなまりん】」の画像1 「ティップランエギングで700gアオリ トップは10尾超え【きずなまりん】」の画像2 「ティップランエギングで700gアオリ トップは10尾超え【きずなまりん】」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TSURINEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク