意外と知らない『茨城県の鮭』事情 実は太平洋側名産地の南限だった?

久慈川産の鮭が入荷することも

意外と知らない『茨城県の鮭』事情 実は太平洋側名産地の南限だった?
鮮魚店に入荷した久慈川産の鮭(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

那珂湊より少し北の「日立おさかなセンター」にも、地元産が並ぶことがあるほか、日立市内の「あかつ水産」などの鮮魚店に、久慈川河口の久慈浜に水揚げされた鮭が入荷することもあります。

県内で地物イクラ軍艦も

意外と知らない『茨城県の鮭』事情 実は太平洋側名産地の南限だった?
日立市の寿司店の地物イクラ軍艦巻き(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

こうした珍しい茨城県産の鮭ですが、水揚げがあれば、県内の寿司店で地元産イクラの軍艦巻きを味わうチャンスも。筆者も日立市内の「新富鮨」で、大粒の軍艦巻きを堪能しました。

鮭と酒はお銚子まで?

昔から鮭とお酒をかけて、千葉県の銚子が南限とされてきました。言うまでもなく利根川の河口です。いったんは絶滅しかけた利根川水系の鮭ですが、平成に入ってから、埼玉県行田市の利根大堰で観察できるようになりました。

群馬県内の河川や、栃木県の渡良瀬川、思川などで放流されるようになり、ソ上数も増加しました。これらの漁協では、抽選などで人数を絞った上で、捕獲調査目的でサーモンフィッシングができるようになり、エサ釣りはもちろん、ルアーやフライなどで楽しめます。

鬼怒川がかつての鮭の南限

この利根川ですが、実は江戸時代は南に流れ、東京湾に注いでいました。幕府の事業で銚子に河口を移す以前は、鬼怒川が銚子に注いでいたため、かつての鮭の南限は鬼怒川だったという説もあります。


この記事の画像

「意外と知らない『茨城県の鮭』事情 実は太平洋側名産地の南限だった?」の画像1 「意外と知らない『茨城県の鮭』事情 実は太平洋側名産地の南限だった?」の画像2 「意外と知らない『茨城県の鮭』事情 実は太平洋側名産地の南限だった?」の画像3 「意外と知らない『茨城県の鮭』事情 実は太平洋側名産地の南限だった?」の画像4
「意外と知らない『茨城県の鮭』事情 実は太平洋側名産地の南限だった?」の画像5

当時の記事を読む

TSURINEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク